Facebook 投稿はこちらから
国立障害者リハビリテーションセンター研究所 福祉機器開発室

「いいね!」の多いトピック

last update 2017.07.11 04:05:24

トピック #46

障害者用の爪切りが合わない

押す力がなくなってきたこともあって、障害者用の爪切りも使うことができません。
何か軽い力で使えるオススメの爪切りはありますか。
(手に障害があります。少し動きます。)

「いいね」の多いコメント

  • Mitutaka Tamaoki

    既存の物で間に合うが、押す力が無いのであれば作れ、既存の物にこだわらなければ作る事も出来ますね。但し、ご自分の動ける状態、機能が

  • Mitutaka Tamaoki

    機能が分からないと最終的には決められませんが。

  • 硯川 潤

    テクノエイド協会の自助具データベースでは,いくつか使えそうな爪切り台が紹介されています.
    http://www.techno-needs.net/jijogu/listIndex.action?selectCategory=2

Facebookで詳細を見る

トピック #45

夜間の水分補給 ペットボトルホルダー

重度頸損の方から,就寝中の飲水方法のご紹介です.市販の尿瓶立てをベッド柵に引っ掛けると,ペットボトルがすっぽりと収まります.シリコーンゴムのチューブをストロー替わりに使えば,寝たままで水分補給が可能です.

・ペットボトルのふたには,ストローチューブを通す穴を開けます.熱したドライバーなどを使うと簡単です
・ペットボトルの底にあたる部分のチューブ先端は,斜めにきっておくと,飲む際に底に張り付くのを防げます
・ストローチューブは,定期的にミルトン(哺乳瓶の洗浄液)などで洗浄します
・ストローの飲み口側には,輪を作っておくと,手を引掛けられます

Facebookで詳細を見る

トピック #44

タオルを使った簡単な前掛け

食事介助を受ける際に便利な前掛けをご紹介します.フェイスタオル2枚を半分縫い合わせることで,簡単に前掛けを作れます.写真のように,縫い合わせていない部分をV字に開いて前から首に掛けます.タオルの生地と服の生地に摩擦が起こるので,首の後ろで前掛けを結ばなくてもOK.
タオル生地なので,他のものと一緒に洗濯することができて便利です.一般的なレインコート素材の前掛けは洗濯機で洗い難く,いちいち拭かなければいけません.このタオル前掛けは作り方も簡単なので,いくつか作って使いまわすことができます.

Facebookで詳細を見る

トピック #43

電動車椅子でも使えるコンビニのトイレ

重度頸髄損傷で大型の電動車椅子を使われている方から,コンビニトイレのご紹介です.車椅子使用者用の駐車スペースも設けられているとのことで,日常生活で活用できそうです.こういったコンビニトイレが増えてくると,トイレの場所を気にせず安心して外出できますね.

「いいね」の多いコメント

  • Mitutaka Tamaoki

    良いですね。。初めて見ました。私には必要としない物ですが、街中でよく車いすの方や高齢化により足が不自由な方を多く見ているので、この様な素晴らしいトイレがあると安心して動けるのではないかと常日頃思っておりました。コンビニも従来のコンビニにあらず買い物難民対応もした添付にすることで売り上げも増えるのではないでしょうか。又、私的な考えですが、大型ス-パ-は地域分散小型化を模索して行かないと少子高齢化のニーズに合わず嫌でも経営不振になると考えています。プラス、コミュニテイスペ-スを狭くとも設ける。これがこれからのキーであると考えています。いずれにしても大変良い物を見せて頂きました。有難う御座いました。この様な店が繁盛すると良いですね。凡人歌「なかなかの 世の中先取りトイレ見て 人の生活元なれば 皆で広めて商売繁盛」全文を表示

  • 渡辺 明子

    こんばんは!良いお話で(^_^)柏市のファミマにも車椅子用のお手洗いありました!

  • Kazuyuki Takami

    コンビニに車いす用トイレ?いいですねぇー。民間の施設で配慮していただけるとありがたいです。この取り組みがもっと拡がる事を願っています。フェイスブックもたまに見るもんだなあと思いました。

Facebookで詳細を見る

トピック #42

マウススティックユーザーのベッドサイドのご紹介

iPad、iPhone 、電話(子機)、玄関の鍵、介護者呼びチャイム、各種電化製品のリモコンを全てマウススティック1本でコントロールします。

「いいね」の多いコメント

  • ウェルラボ -Welfare Lab.- みんなで解決!福祉機器アイディアポータル β版

    重度の頸髄損傷者の方からの情報提供です.上肢の運動機能が完全に失われているため,口にくわえた棒で様々なボタン操作を行います.

Facebookで詳細を見る