Facebook 投稿はこちらから
国立障害者リハビリテーションセンター研究所 福祉機器開発室

「いいね!」の多いトピック

last update 2016.12.08 10:54:19

トピック #69

頸損者がブーツをうまく履く方法はありませんか?

ブーツを履いて寒さ対策をしたいのですが、頸損の足には痛覚が乏しいため無理して足を入れた結果、爪に内出血してしまいました。ブーツの先をカットして着脱式のカバーをつけたり、ファスナーを付けるなどの対策が考えられるのですが,まだ試せていません。足のサイズは26cmで、ブーツは締めつけがきついので28cmを使っています。

何かいい対策やアドバイスがあれば、コメント欄に書き込みをお願い致します。

Facebookで詳細を見る

トピック #67

スマホやiPadの拡大鏡としての利用

先天性の弱視の方から,街中のサインや文字を読むための工夫をご紹介頂きました.
弱視の方が,お店に掲げてあるサインや,印刷物の細かい字を読むのは難しいですね.スマホやタブレットなどの携帯端末で撮影してしまえば,バックライトのついた明るい画面で,好きな大きさにしながら,ゆっくりと見ることができます.iPadなどは一般に広く普及しているので,居合わせた人に撮影をお願いしたりすることもスムーズです.

Facebookで詳細を見る

トピック #66

タッチパネル操作のガイド用型紙

全盲の方から,タッチパネル操作に関する工夫のご紹介です.
マンションの宅配ボックスを開けるのに,液晶のタッチパネルを使わなければならず,どこを押せば良いのかわかりません.そこで,押す必要のある位置に穴をあけた厚紙のプレートを作り,パネルの上に置いて操作しています.

Facebookで詳細を見る

トピック #65

ハンコを持ち歩けば記入が楽に

先天性の弱視の方から,文字の記入に関する工夫のご紹介です.
住所と名前を細かい字を書いたり,薄暗い窓口で記入をしなければならない時は困りますね.そんなとき,名前と住所などの書いてあるハンコ(折り畳み式でコンパクトになる)を持ち歩いていると,便利な場面が多くあります.旅行中の連絡先の交換も,名刺を何枚も持つより楽なことが多々あります.

「いいね」の多いコメント

  • 渡辺 明子

    手が不自由、会話が難しい人も不自由なところがないひともみんなが便利だと思います!!!ユニバーサルデザインって感じがすごくします!!!

Facebookで詳細を見る

トピック #64

シャワーチェアで体重計に乗るための工夫

頸髄損傷の方から,体重測定に関する工夫をご紹介頂きました.
思うように運動ができない電動車椅子ユーザにとって,体重管理は重要な課題です.しかし,市販の体重計に立つことはできません.そこで,ホームセンターで購入できる板材と金属のアングル材を使って,シャワーチェアを体重計に載せるための台を製作しました.シャワーチェアなら軽いため,体重とあわせても市販体重計の最大重量を超えることは無く,しっかりと体重を管理できます.

*本投稿は,設計の専門知識を有する方が自身で考案された工夫であり,安全性などが十分に確認されているわけではありません.台からの脱輪・転倒など,使用時には一定のリスクが懸念されます.参考にされる場合は,安全に十分配慮し,専門家の助言を得ながらご自身の責任で行って下さい.全文を表示

Facebookで詳細を見る