Facebook 投稿はこちらから
国立障害者リハビリテーションセンター研究所 福祉機器開発室

現在表示中のトピック

検索結果:19件

カテゴリー:

  • その他

last update 2017.07.11 04:05:24

トピック #74

防寒着を着やすくするためのリフォーム

頸髄損傷(C4)です。肩に拘縮があるため防寒着の着脱に時間がかかり冬場の外出が憂鬱でした。そこで、ダウンジャケットの右手側の脇から袖にかけてジッパーを付けました。左手から腕を入れジャケットを背中に回し、ジッパーを開けて右腕を入れます。
 ブルゾンにも手首にジッパーを付けました。これで、手袋をしたまま着られるようになりました。
 いずれも、国リハ研究所主催の国リハコレクションに出展されていた業者を紹介頂き、改造してもらいました。

Facebookで詳細を見る

トピック #72

ファスナーを使うためのアタッチメント

頸髄損傷のためファスナーを上げ下げすることができません。指に引っ掛かけるリングのような部品が市販されていますが、自分でうまく取り付けられなかったり、デザインに好みのものがなかったりと、満足のいくものを見つけられません。簡易に作ることはできないでしょうか?

*******
ウェルラボでは、3Dプリンタを用いた自助具のデザインを試行します。これより、上記のニーズをお持ちの車椅子ユーザの方とコメント上でやり取りし、ファスナーのアタッチメントを試作していきます。
(この試行は、国立障害者リハビリテーションセンター倫理審査委員会の承認の下、同センター研究所・福祉機器開発室が実施するものです)

「いいね」の多いコメント

  • 杉野 政広

    V字型というのが解りにくかったですね!提案していただいた上の図の装着部分をシンプルにしたイメージなのですが、絵心が全くないのですが、こんな絵でわかりますか?これをファスナー金具の穴の空いた先端部分にひっかけて下にひっぱって装着するイメージです。

  • 杉野 政広

    ファスナーアタッチメント改良版!ファスナーに取り付ける部分をもう少し小さくコンパクトにしてもらいました。デザインがすっきりしてよくなったと思います。

  • 杉野 政広

    ファスナーは洋服だったり、カバン、財布などいろいろなところに使われていて、そういうのを全部簡単に上げ下げできるファスナーにワンタッチで取り付けできたらいいですね。既存のファスナーの金具を取り外すのではなく、金具の穴の開いたところなどを利用して後付けでリング付きのものが取り付けられたら便利だと思います。あとはやっぱり見た目もすっきりシンプルだと最高です。

Facebookで詳細を見る

トピック #66

タッチパネル操作のガイド用型紙

全盲の方から,タッチパネル操作に関する工夫のご紹介です.
マンションの宅配ボックスを開けるのに,液晶のタッチパネルを使わなければならず,どこを押せば良いのかわかりません.そこで,押す必要のある位置に穴をあけた厚紙のプレートを作り,パネルの上に置いて操作しています.

Facebookで詳細を見る

トピック #63

感圧式タッチパッドへのニーズ

筋ジストロフィーで普段長めの棒を使ってパソコン操作をされている方から(動画参照)、タッチパッドに関するニーズをご投稿頂きました。

 私はパソコン操作に感圧式タッチパッド(ハギワラシスコム POINT PAD)を使っています。静電式タッチパッドだと指以外での操作が難しく、スタイラスペン等を試してみましたが自分の使い方ではうまく反応しませんでした。現在は感圧式タッチパッドは市場から無くなってしまっているため、今使っている物が壊れたら大変困った事になりそうです。感圧式のタッチパッドがまた市場に出てくればいいなと思っています。スマホやタブレットも感圧式のタッチパッドなら扱いやすいと思います。スマホを連絡用に買ったのですがペンの反応の悪さにびっくりです。今はスマホをパソコンからリモートで操作しています。連絡用とはいえません(-_-;)

*感圧式タッチパッドを使ったPC操作の動画
https://youtu.be/68ytSOgq1zA
全文を表示

「いいね」の多いコメント

  • ウェルラボ -Welfare Lab.- みんなで解決!福祉機器アイディアポータル β版

    もし,代替品や感度の良いスタイラスペン(長いもの)などについてご存知でしたら,ぜひコメント欄に情報提供をお願い致します.

Facebookで詳細を見る

トピック #62

小さな力でリモコンボタンを押すための工夫

筋ジストロフィーの方から,とても小さな力でリモコンボタンを押すための工夫をご紹介頂きました.普段,手に持った棒の先で,ボタンを操作されています.
金属スプーンの柄を厚紙で作ったレバーに貼り付けて,所望のボタンを覆うように配置します.厚紙の裏側には洋服ボタンが貼りつけてあり,そこがリモコンボタンとの接点になります.金属の重みと”てこ”の原理の相乗効果で,指先のかすかな力でボタンを押せるようになります.

・投稿者の方のfacebookページ:
https://www.facebook.com/yasunagamineo/posts/1024064554346476

・使用しているところの動画:コメント欄にyoutubeへのリンクを掲載しました全文を表示

「いいね」の多いコメント

  • 安永 峰夫

    オー自分の説明より分かりやすい

  • ウェルラボ -Welfare Lab.- みんなで解決!福祉機器アイディアポータル β版

    操作しているところの動画です.
    https://youtu.be/68ytSOgq1zA

Facebookで詳細を見る